I-SEC、バルセロナのエル・プラット空港のセキュリティ業務を引き継ぐ

2022 11月 08

バルセロナのI-SECは、アエナ社からエル・プラット空港のセキュリティ・サービスを受注した。 この契約には、乗客のスクリーニング、出入国検査と管理、受託手荷物の検査、ターミナルと施設のパトロールと監視が含まれる。 契約開始は2022年11月。

エル・プラット空港
バルセロナに位置するジョセップ・タラデラス・バルセロナ=エル・プラット空港は、スペインで2番目に大きく、ヨーロッパで6番目に利用者の多い空港である。 この空港は、航空会社「レベル」と「ブエリング」のハブ空港であり、「エア・ヨーロッパ」、「イベリア航空」、「イージージェット」、「ライアンエアー」の中心都市でもある。

「私たちはすでにスペインで航空保安に関して多くの経験を積んでいますが、バルセロナで初めて乗客のスクリーニングを実施しました。 私たちの知識と専門性を示す機会を与えてくれる。 空港やその他のパートナーとともに、私たちは乗客、訪問者、スタッフのために安全な環境を作り出しています」。 I-SECのスペイン・マネージャー、ウーゴ・セア。

継続的改善
この受賞の結果、I-SECは契約に基づき、すでに空港で働いていた人員を引き継いだ。 450人近い警備員が年内のストライキを計画していた。 I-SECは買収前にすでに合意に達し、以前の警備会社との4年にわたる労働争議に終止符を打っていた。 「新しい仲間を迎えることができ、とても嬉しく思っています。 私たちは従業員とともに、職場環境と提供するサービスを継続的に改善することを信条としています」。 – I-SECのスペイン代表、ウーゴ・セア氏。

I-SEC について

アムステルダムに本社を置く I-SEC は、世界各地の航空および高リスク セキュリティ サービスの提供を専門としています。セキュリティ アシスタントの雇用に加えて、I-SEC はセキュリティ スタッフと管理者向けにセキュリティ技術と標準化されたカスタマイズされたトレーニング コースを提供しています。I-SEC は、ヨーロッパとアジアの 16 の国際空港で 6,000 人以上の従業員を雇用しています。

I-SEC は、ICTS International N.V. (OTCQB: ICTSF) の子会社です。詳細については、www.ictsintl.com / www.i-sec.com をご覧ください。

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.