フランクフルト空港における「新世界」のためのI-SECセキュリティプロバイダー

2023 2月 28

フランクフルト(ドイツ)、フランクフルト空港は2023年初頭、航空セキュリティのための「ノイエ・ヴェルト・フランクフルト(新世界フランクフルト)」を立ち上げた。

新世界」では、空港運営会社であるフラポートAGが、空港で旅客と手荷物のチェックを行うセキュリティ・サービス・プロバイダーに委託し、管理する。 I-SECは、この新しい世界における3つのセキュリティ・パートナーのうちの1つであり、いずれのパートナーも、空港の発展を促進するために、新しい従業員を採用し、訓練することによって、必要なリソースを確保することを表明している。

空港とサービス・プロバイダー間の強力なパートナーシップと信頼できる協力関係は、世界中のお客様に空港トラベル・チェーンにおける最高の体験を提供するための基盤となっています。 「I-SECは長年フランクフルト空港の旅客スクリーニングを担当してきた。 私たちは、この新しい働き方に興奮しています。私たちは共に、乗客に最高のセキュリティ体験を提供することで、より大きなインパクトを生み出します I-SECドイツのマネージング・ディレクター、オリバー・ダマー氏。

I-SEC について

アムステルダムに本社を置く I-SEC は、世界各地の航空および高リスク セキュリティ サービスの提供を専門としています。セキュリティ アシスタントの雇用に加えて、I-SEC はセキュリティ スタッフと管理者向けにセキュリティ技術と標準化されたカスタマイズされたトレーニング コースを提供しています。I-SEC は、ヨーロッパとアジアの 16 の国際空港で 6,000 人以上の従業員を雇用しています。

I-SEC は、ICTS International N.V. (OTCQB: ICTSF) の子会社です。詳細については、www.ictsintl.com / www.i-sec.com をご覧ください。

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.